S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」「漫画を描く」ことについて研究してわかった役立つ情報を発信

新しいカミソリ(また替刃)の購入を比較・検討する(2017年)

使用していたカミソリの替刃が無くなったので、新しいカミソリを買うことにした。

だいぶ前のシックのカミソリを使っていたが、まとめ買いしてた替刃がなくなった。
カミソリはどんどん新しい商品が出ると、以前のホルダーでは装着できなかったりするから厄介。

そんなわけで、カミソリの購入を検討する。

現状
  • ヒゲは濃い目
  • 3、4日に1回剃る程度(基本、自宅での自営業なので)
  • ヒゲを剃る時のシェービング剤は、ジェルタイプを使用
希望する条件
  • 替刃が安い
  • ヒゲが濃くても大丈夫
  • カミソリ負けしない
  • 剃りにくいところでも、剃りやすい

調査する

ざっと調べてみると、3つの候補があがる。

ジレット、シック、フェザーの3つのメーカーの最新商品。
もちろん、替刃が別に販売されているもの。

そのメーカーでも、古いバージョンのものは多少安かったりもするが、替刃がすぐに販売されなくなる可能性もあるので無視する。

ジレット プログライド フレックスボール パワー

けっこう人気があって、評価は高い。替刃の値段は高め。
肌にやさしい極薄5枚刃。ヘッドは動くタイプ。
評価では、刃が長く持たないという話もあり。

シック ハイドロ5プレミアム

人気は普通。替刃の値段も普通。
カミソリを水に浸すと、ジェルが出るという仕様。
肌を守るスキンガード付きの5枚刃。「敏感肌用」の替刃もあり。
評価では、カミソリから出るジェルが、すぐ無くなるという話もあり。

フェザー エフシステム サムライエッジ

けっこう人気があって、評価は高い。替刃の値段は安い。
日本製の3枚刃で、切れ味がとても鋭どく、長持ちするという話。
ヘッドは動くタイプ。
昔は、替刃の値段が今よりも安かったが、じょじょに高騰しているよう。
評価では、ヘッドが動いて、剃りづらいという話もあり。

決断する

フェザー エフシステム サムライエッジ」の購入を決める。

ホルダーの値段は、どれも同じようなものなので、あまり気にしない。
ジレットは、値段が高く、あまり刃が持たなそうなので却下。
シックは、前も使っていたので悪くないが、カミソリから出るジェルというのが気になる。
基本的に、ジェル単品を使っているので、カミソリから出るジェルとか余計なものはいらない。「これは他のメーカーのジェルと混ざっても大丈夫なの?」と、そんなことを思ってしまうので却下。

フェザーは、替刃が安いので、とりあえず試してみていいかなと思いました。
それに、「日本製」の切れ味のよい刃というのも魅力的。会社は医療用刃物なども製造しているので、信頼性はありそう。
また、特に問題がなければ、コストパフォーマンが高いですし。

そんなわけで、フェザーに決定する。

実際に使ってみる

さっそく注文し、使ってみる。

ウワサどおり、切れ味がするどい!
軽い力で、スパン!と切れる。もちろん、私の濃いヒゲでも。なかなか…

そんな切れ味なので、顔が切れないが心配したが、特に切れてない。

しかし、以前のホルダーと感じが違うので、使いづらい。
ヘッドが動くのも、逆に使いづらいのかな。
いつもより、剃るのに時間がかかりました。これは、慣れが必要かな。
(ちなみに、ヘッドが動くのが嫌なら、ヘッドを固定できる同メーカーの「エフシステムMR3ネオホルダー」に、サムライエッジの替刃を装着する手もあるよう)

終わりに、カミソリを水で洗ってみる。
刃と刃の間のスキマが狭く、はさまったヒゲが綺麗にとれない。
シェービング剤で、ジャルを使っているせいだと思うのですが、泡タイプの人は問題ないのかな?
これはちょっと減点。(次回使用時に、お湯で洗ったら綺麗にとれました)

このような使用感でしたが、とりあえず使ってみようかなと思います。
使いつづけて、問題が少ないようなら別にいいかな。コストパフォーマンが高めなので。

それでは、カミソリの購入検討でした。

(ヒゲ剃りに関する記事)
新しいカミソリ(また替刃)の購入を比較・検討する(2017年)
サムライエッジが使いにくいので、MR3ネオのホルダーと交換してみる