S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」「漫画を描く」ことについて研究してわかった役立つ情報を発信

セラミックファンヒーターの選び方・おすすめ(2017年)

電気暖房の「セラミックファンヒーター」は、エアコンや石油暖房機などを置けない場所に最適。
使いすぎると電気代はソコソコかかりますが、ちょっとした場所を暖かくしてくれる暖房器具です。

以前にセラミックファンヒーターをいくつか購入した時に集めた情報、また体験談を元に「セラミックファンヒーターの選ぶためのポイント」を紹介したいと思います。

メーカー

セラミックファンヒーターの主なメーカーは、「パナソニック」「シャープ」「アイリスオーヤマ」「山善」「デロンギ」などがあります。

アイリスオーヤマ」「山善」はお手頃価格で、購入しやすいです。
簡素な機能から、いろんな機能がついているものがあります。

パナソニック」「シャープ」は、値段は少し高めですが、大手家電メーカーという品質の安心感があります。上位として、加湿機能付きの製品も。パナソニックのファンヒーターは、ロングセラーとして長年使用している人もいます(私も2017年1月に購入。そのレビュー記事はこちら)。

デロンギ」は、値段は少し高めで、洗練されたイタリアンデザインとパワーが特徴です。また、3年保証というのも珍しいところ。

大きさ

使用する場所によって、その場所にあった「大きさ」で選ぶのもポイントです。

最近の製品は、けっこうコンパクトになっていて、どこでも置けるようになってますが、狭い部屋などでは長方形のタイプでなく、棒状の「タワー型」のヒーターは置きやすいです。

ワット数

ヒーターの暖かさに大きく影響がある、「ワット数」は大事なポイントです。

通常のヒーターは、「600Wの弱」と「1200Wの強」の2段階で暖かさを変えることができますが、「800W」前後あたりの1段階しか変えられないものもあります。

このワット数は、暖かさに直結します。
低いと暖かさが弱く、高いと暖かさが強くなります。

なので、暖かさを求めるなら、「1200W」に対応した商品がよいです。
それに2段階ですと、いろんな場面での使用を考えられます。

「800W」前後の1段階しかないものは、トイレや脱衣所など狭い部屋での使用が好ましいです。
こちらは使用する場所が制限されるタイプ。
ヒーターの大きさが小型のタイプは、1段階というものが多いです。

ちなみに、デロンギは「1400W」や「1350W」という製品があり、ハイパワーとなってます。
また、それらは3段階で、さらにいろんな場面での使用ができます。

※2017年製。1350Wのハイパワーで、弱(450W)、中(950W)、強(1350W)の3段階、エコプラス運転で25%の省エネ。他にも機能十分な製品です

機能

セラミックファンヒーターは暖かくするだけでなく、製品によって色々な機能がついています。
自身の状況にあった機能を選ぶのもポイント。

最近では、以下のような機能の製品があります。

  • 転倒防止機能
  • 人感センサー
  • 加湿機能
  • 消臭機能

こちらを1つずつ、詳しく解説します。

転倒防止機能

ほとんどのヒーターには、「転倒防止機能」がついています。

ヒーターがついてる状態で、何らかの拍子で倒れたら火事になる可能性があるので、倒れた時に自動で電源がOFFになる機能です。
最近のヒーターには必ずあると思いますが、安全に使用するには大事なチェックポイント。

さらに細かいことですが、転倒について、より考えるなら「重さ」もチェック。
軽いと持ち運びに便利ですが、重い方が転倒しにくくなります。倒れても転倒防止機能があるので大丈夫だと思いますが、何らかの万が一を考えて、その点も気をつけてもよいと思います。

人感センサー

人感センサー」は、近くに人がきたことを感知して、自動で起動し暖かい風を送ってくれます。

いちいち電源のON/OFFをするのが面倒な人にはオススメ。
特に、トイレでの使用時に適しています。

※2017年製。カラーは、ピンク(JCH-125T-P)、ブルー(JCH-125T-A)、木目(JCH-125TM)もあり。操作パネルがシンプルなメカ式(JCH-125D)もあります

「セラミックファンヒーター 人感センサー」の検索結果をみる

加湿機能

セラミックファンヒーターには、「加湿機能」がついているものもあります。

冬の乾燥が気になる方にはオススメ。また、セラミックファンヒーターは暖かい風をおこし、乾燥しやすくしてしまうデメリットがあるので、この機能があると嬉しいところです。

簡易的な加湿機能ですと、手頃な価格の製品についていることもありますが、しっかりした加湿機能の製品は価格は高めです。

※2014年製。カラーは、白と黒があり。ナノイーで菌やカビ、アレル物質、ウイルス抑制し、ニオイを脱臭し、ナノイー単独でオールシーズン使用できます

※2017年製。暖房運転、加湿運転、プラズマクラスターの1台3役。温度と湿度のWセンサーでエコ運転や、防災対応した二重転倒OFFスイッチなどがあります

「セラミックファンヒーター 加湿」の検索結果をみる

消臭機能

トイレなどで使用する場合は、「消臭機能」があると良いです。

ヒーターを長い間、トイレに置くと臭いがヒーターにしみつき、臭いのある風を発生させることがあります。特に、セラミックファンヒーターは、後ろから空気を吸い込み、暖かい風を吐き出すような構造になっていますから。
そこで、「消臭フィルター」がついていると、臭いをおさえてくれます。

※「臭い」については関連記事「セラミックファンヒーターの臭いの問題と対策」もどうぞ。

※2017年製。カラーはブラウン DSF-VL083(T)、レッド DSF-VL083(R)もあり。「トリプルフレッシュ(R)バイオフィルター」がサイクル消臭でニオイの物質を持続的に吸着・分解します

「セラミックファンヒーター 消臭」の検索結果をみる

使用する人に合わせる

使用する人によって、選ぶのもポイントです。

小さい子供がいる家庭

小さい子供がいる家庭ですと、「チャイルドロック」機能がほしいところです。

親の知らない間に、小さい子供が操作して動かしてしまうこともあります。
勝手にさわって火傷をしたり、うっかり布をかぶせたりして火事になったり。
そんな予想のできない危険があるので、小さい子供がいる家庭では欲しい機能です。

※2017年製。2つのボタンを同時に3秒押してチャイルドロック。他にもカラーがあり

「セラミックファンヒーター チャイルドロック」の検索結果をみる

お年寄りが使う

使用する人がお年寄りの場合は、「操作ボタンはシンプル」な方がよいです。
よく、両親にプレゼントする方もいますので、その点を考慮するのもポイント。

電子パネルの操作や、ボタンを押すごとに設定が変わるといった複雑な操作は、年配の方には難しいので、あまり好ましくないです。
ヒーターの中には、シンプルな操作ですむツマミタイプのものもあるので、そういったものがお年寄りには使いやすいです。

※2017年製。つまみタイプのシンプルな操作で、二重転倒防止搭載。また、ロングセラーを生み出している信頼性のパナソニックです

おわり

いろいろと選ぶためのポイントをあげてみました。

選ぶのは迷うかと思いますが、「予算、使用する状況、特にこだわっている点」で考えてみてはどうでしょうか。
ちなみに、小さいお子様のいる家庭は特に安全を。

あと、セラミックファンヒーターは急に寒くなったり、冬本番になってくると在庫数や価格が大きく変動したりしますので、なるべく早めの購入をオススメします。

最後に注意点として。セラミックファンヒーターは「水場」では危険ですので、脱衣所などで使用する場合は安全をしっかりとれた状態で使用してください。

それでは、セラミックファンヒーターの選び方でした。

(セラミックファンヒーターの関連記事)