読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」について研究してわかった役立つ情報を発信。また日常についても少々

【体験談】私が通院をやめて「腱鞘炎」を自力で治した話

何年か前に、右手が「腱鞘炎」になりました。
その時に、自力で腱鞘炎を治した話を紹介します。

経緯

はじまり

当時は、1日中パソコンをさわっている機会が多く、マウスを頻繁に動かしていたせいで、腱鞘炎になりました。動かすと、手首が痛む感じ。

症状としては、ひどい腱鞘炎というわけではなく、手をそれほど動かさなければ痛いわけじゃない。
普段の生活では、それほど気にならない程度。
しかし、パソコンで作業している時は、不快な痛みが走る。

それまでの人生で、腱鞘炎にはなったことがなかったので、「しばらくすれば治るだろう」と、あまり気にしてなかったです。

しかし、数週間たっても治る気配はない。
悪化はしないが、痛みはずっと同じまま…

サポーターをつける

そして、腱鞘炎をなんとか軽減させようと思いたちました。

思いついたのは、「サポーター」をつけること。
なぜサポーターをつけようと思いついたのかは忘れたが、サポーターなら楽になると思った。

そして、ネットのショップを調べて、丁度いいサポーターを手に入れました。
こんな感じの。

サポーターをしてると、手がガッチリと固定される。
なので、パソコン作業しても、腱鞘炎の痛みが楽になりました。

そして、とりあえずは解決と。

地元の整形外科に通う

サポーターによって、痛みは軽減されました。
しかし、さらに時がたっても、腱鞘炎の痛みは引くことはなかったです…

なので、さすがに医者にいこうと思いたちました。
そして、しぶしぶと地元の「整形外科」に。

整形外科にいくと、変な病ではなく、もちろんただの腱鞘炎。

そして、ベットに寝かされて、機械で手を温める治療をほどこされました。
10分か15分程度だったのかな。それぐらいの時間、温めるという治療。
もしかしたら、ただ温めるだけでなく、遠赤外線など、特殊な電波が出てたのかもしれないが、特に質問もしなかったので詳しくは知らない。
あとは、湿布を処方され、毎日湿布をはることに。

その機械で手を暖める治療は、毎日やることをすすめられました。
だけど、私も暇じゃないので、数日に1回にしてもらうことに。

その時は、その治療に対してあまり気にしてなかったです。
「まあ、医者の言うことなのだから、面倒だけどそれで治るのだろう」と、楽観視していました。

それから、機械で手を暖める治療を続け、数週間。

今日も、ベットに寝かされてボケーとしながら治療をしてて、ふと思いました。
アレっ…、これって何か意味があるの?
結局、コレって手を温めてるだけだよね?それって、お風呂で手を温めてるのと何が違うの?
そんなんで本当に治るの?

今更ながら、治療中にそんな疑問をいだきました。
もちろん、その治療をして、湿布をはってて、まったく回復はしていない…
この治療で、時間と治療費がけずれていってる…
なんだか、急に馬鹿らしくなりました。

そして、その日をさかいに、通院するのを辞めた。

自力で治そう!

そして、医者に頼るのは辞めようと思いました。
自分のことは、自分でなんとかしよう!自力で治そう!」と。

そんな方法があるのか知らないので、もちろんネットで検索。
検索して、検索して、これはいいかもと思う治療となる「ストレッチ」を2つみつけました。
実際にやって、よくなったという話もあったので、効果がありそうな感じ。
しかも、短い時間で、簡単にできるストレッチ。

それから、そのストレッチを毎日やってみました。
普段から、軽いラジオ体操的なストレッチをしていたので、追加で腱鞘炎の治療ストレッチをするのは、たいして苦でもなかった。それほど、時間のかからない簡単なストレッチでもあったですし。

すると、いつの間にか良くなっていきました。
はっきり覚えてないが、3週間から1ヶ月くらいかかったのかな?
腱鞘炎はすっかり消えていた。

そうして、私の腱鞘炎の問題はアッサリと終わりをむかえたのです。

ストレッチの紹介

それでは、私のやったストレッチを簡単に紹介しておきます。

ストレッチは2つありますが、2つは別々のところでみつけたやり方です。
自分で勝手に両方やってみようかなと判断しました。

なので、どっちが効果があったのかは明確にはわからないです。
どっちも効果があったかもしれないですが…

ちなみに、ネタ元のサイトを掲載すればいいのですが、ネタ元がどこだったのか忘れましたので、詳しく知りたい人は検索すれば、それっぽいサイトがあります。

(1つ目)バンザイくるくる

やり方

立って、肩幅に足を開く。

手をバンザイする。
そして、その状態で、手を内側にゆっくりとクルっとまわす。
そして、続けてまわした手を戻すように、反対にクルっとまわす。
その動作を、クルっクルっクルっクルっとゆっくりと繰り返す。

すると、腕や肩あたりがつらくなってきます。
ある程度、つらくなったら、いったん手をおろし休めます。

そして、またバンザイして、その動作を繰り返します。
それを3回。

次は、「T」のように、水平に手を伸ばします。
同じように手をクルクルします。
さらに、クルクルしながら、ゆっくりと手を下におろしていきます。
それを3回。

次は、同じように「T」で、水平に手を伸ばします。
さらに、足はそのままで、腰を軽く左にひねり、上半身だけを斜めにします。
その状態で、クルクルして、同じようにゆっくりと手を下におろしていきます。
次に、反対側に腰をひねり、同じようにクルクル。
それを3回。

これで、終わりです。

このストレッチの効果がある理由

腱鞘炎は、手が問題というより、腕や肩や背中の筋肉が堅くなってるのが問題という話。
手が痛いのに、肩?とか疑問に思うかもしれませんが。
なので、いくら手を休めたり、手だけに効くストレッチをしても意味がないよう。

大事なのは、「いろんな部位の筋肉!」ということ。

バンザイくるくる(勝手にそう呼んでますが)は、筋肉が柔らかくなっているというか、筋肉がつく感じがする。
慣れてない人がやると、普段は使ってない筋肉が使われので、ダレます。
もちろんそうなると、それを続けることで、筋肉がついていく。
筋肉がつくと、治っていくと。

ちなみに、肩こりも筋肉がないことが原因で、こるという話もききますね。
確かに、このストレッチすることで、肩こりもほとんどしなくなりました。

また、腰痛も、腰だけじゃなく、モモのあたりの筋肉がおちることで、痛むという話もありますから、筋肉って大事なのかもしれませんね。

しかし、そういう筋肉は日常生活の動作や、適当な運動でつくわけじゃなく、意識的につけないとつかないわけですから。

(2つ目)指そらし

やり方

まず、親指をそらします。
思いっきりそらすのでなく、軽くつらい程度のそらし具合で。
そして、10秒をキープ。

終わったら戻して、隣りの指を。
それを、各指1回ずつ、やるだけです。

このストレッチの効果がある理由

それは不明…

おわり

今でも、毎日この2つのストレッチをしています。
その後は、腱鞘炎になっていません。

ネットを軽く検索すると、当時に比べ、いろんなストレッチ方法があるみたいですが、要するに「手だけでなく、腕や肩や背中の筋肉を柔らかくしろ!筋肉つけろ!」という感じですかね。どんなストレッチ方法にしろ、それができればOKなんでしょう。

今思うと、お医者さんはこういった治療のストレッチを知らないんですかね…
あんな変な機械で手を温めるより、実践的なストレッチが意味があると思うのですが。
知ってても教えない?
まあ、お医者さんも儲けないといけないですからね…

もちろん、これは個人的に調べた情報・体験談なので、情報を鵜呑みにしないで下さい。
これらのストレッチは、人によって合わない場合や、ケースによっては悪化する場合もあると思いますので、自己責任でお願いいたします。
また、腱鞘炎はいろんなケースがあるので、まずは整形外科でみてもらうことを勧めます。

それでは、腱鞘炎の体験談でした。