S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」「漫画を描く」ことについて研究してわかった役立つ情報を発信

サムライエッジが使いにくいので、MR3ネオのホルダーと交換してみる

新しく購入したサムライエッジのヒゲ剃りを、ある程度の期間使ってみたのだけど、どうも使い勝手が悪い。

サムライエッジは、剃りやすいようにヘッドが上下左右に動いたりするのだけど、それが使いづらい。なので、以前使っていたヒゲ剃り少し時間がかかる。

以前はヘッドがまったく動いたりしないシンプルなヒゲ剃りを使っていたせいなのか、そういう動くタイプが使いづらく感じる。まあ、最近はそういうタイプが多いので、使える人は上手く使えるのかもしれないが、私はダメだ。

サムライエッジの替刃の性能は悪くないのにもったいない…

そこで、「サムライエッジが使いづらかったのでMR3ネオの固定ホルダーと交換したら使い勝手がよくなった」というレビューがいくつかあったので、それを試してみようと思う。

調査する

フェザーシステムは「サムライエッジ」「MR3ネオ」「FIIネオ」の3つの商品があり、同じ構造なので、それぞれ替刃やホルダーを交換して使用することができる。

なので、「MR3ネオ」と「FIIネオ」を調べてみたのだが、これまたヘッドが上下左右に動くようだ。
しかし、上下の動きをツマミによってロックする機能があり、これがレビューでは固定ホルダーという話になっていたみたい。
ちなみに、ロックできるのは上下だけで、左右の動きはロックできない。
まあ、上下をロックできるだけでも効果はありそう。

となると、「MR3ネオ」と「FIIネオ」のどちらでも良さそうだが、レビューどおりに「MR3ネオ」を試してみようと思う。「MR3ネオ」の方が新しそうだし。

そして、さらに「MR3ネオ」についてを調べると、どうも2つの商品がある。
エフシステムMR3ネオホルダー」と「エフシステムMR3ネオクロムホルダー」だ。

何が違うのか疑問だったが、あまり情報がない。
わかったこととしては、「エフシステムMR3ネオホルダー」の方が値段が高く、ヒゲ剃りを立てることができる便利アイテムがついていて、ネオクロムより替刃が1つ多いのが違う。
また、見た目どおりネオクロムの方が太く、少し凝ったデザインという形状の違いもある。

まあ、そのへんは目的に対してたいした問題ではないのだが、調べていて大きな疑問がわいた。

ネオクロムにはロック機能があるのか?」という疑問。

ネオホルダーは写真のヘッダ近くにロックするツマミを確認できるのだけど、ネオクロムは写真でみる限りそのようなロックする部分がない。レビューでは、固定できそうな話ものっているのだけど、なんだか心配だ。写真検索でも調べてみたが、いまいちハッキリしない。

なので、そのへんで万が一失敗するのが嫌だったので、シンプルに「エフシステムMR3ネオホルダー」に決めて、購入した。

「エフシステムMR3ネオホルダー」を実際に使ってみる

届いた商品を確認してみる。

形状は、サムライエッジよりスマート。
スマートだけど、少し重みがあり持ちやすくなっている。
悪くない感じ。

オマケのホルダーを立てることのできる便利アイテムは、使えそうなアイテム。
しかし、家では置くスペースがないので使えない…

そして、実際にサムライエッジの替刃を装着し、ヘッドの動きをロックして使用してみる。

むむむ…使い心地は、いい感じ!
やはり、ヘッドがあまり動かなくなったので、安定してヒゲを剃ることができる。
自分の思ったとおりにスッスッと動かすことができる。

以前は少し時間がかかっていたが、早く剃れた。
なかなか良い。これならサムライエッジの性能をより活かすことができそうだ。

ウワサどおり「エフシステムMR3ネオホルダー」の組み合わせはナイス!
今後はこの組み合わせで、ヒゲを剃りたいと思います。

サムライエッジのヘッドが動くのが嫌な方は、ホルダーを交換して試してみてはどうでしょうか。

それでは、ヒゲ剃りのホルダーの交換レポートでした。

(ヒゲ剃りに関する記事)
新しいカミソリ(また替刃)の購入を比較・検討する(2017年)
サムライエッジが使いにくいので、MR3ネオのホルダーと交換してみる