読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」について研究してわかった役立つ情報を発信。また日常についても少々

【感想分析】アニメ『刀剣乱舞 花丸』 第5話を視る!

物語を作る上で、読み解く力「分析力」が必要となります。
作品を「創り手の視点」の感想を読むことで、創り手としての視点を鍛えるシリーズ。
今回は、アニメ『刀剣乱舞 花丸』の第5話「(皐月)優しいは、強い」の感想分析をします。
※ネタバレあり

刀剣乱舞-花丸- 其の三(初回生産限定版) [Blu-ray]
『刀剣乱舞-花丸-』blu-ray 3巻

基本的に「女性向き」の内容ですが、「女性向き」と「男性向け」がどう違うのかというところに焦点をあててみます。
ちなみにゲームはやっておらず、初めて刀剣乱舞にふれる。あと歴史にもうとい。

アニメ公式サイトはこちら

5話のあらすじ

燭台切光忠と鶴丸国永は、顕現したばかりの『大倶利伽羅』がこの本丸で馴染めるのか心配していた。歌仙兼定や鶯丸たちの行動を見た燭台切光忠は、あることを思いつく。一方、鍛刀部屋ではついに太刀『三日月宗近』が顕現した。天下五剣の登場に、刀剣男士たちが喜びに包まれるなか、主から出陣命令が下された。

刀剣乱舞 花丸公式サイトより引用

5話の構成

  1. 加州清光のオシャレタイム
  2. 戦装束が洗濯中なので誰かから借りよう
  3. 大倶利伽羅をおもてなし
  4. 三日月宗近が登場
  5. 出陣命令
  6. バトル
  7. バトルを終えて

感想分析

(Aパート)獅子王が主にお知らせ

天気も怪しくヤバい雰囲気。
JOJOで言うと「ゴゴゴゴゴゴ」
そこへ獅子王どっちかが来るぜ!と主にお知らせ。
すごいグレートな新人が来るのを予感させる前フリ。

いつもは主人公の大和守安定からのシーンで始まるのだけど、今回は無し。
今回は、安定を中心に置いた話でないことを暗に説明しているといえる。

加州清光のオシャレタイム

あいかわらずオシャレにマニキュアをする加州清光
どう?と安定に聞く清光。
なんかこのやりとり女子が彼氏に聞いてるみたい。

しかし主に「可愛い」って思ってもらいたいんだ。
1話では、安定が髪が乱れた時に可愛くないでしょとか言ってたし、清光は「可愛いが正義」なんだな(笑)

主に可愛がってもらえるのも今のうちか…とBパートの前フリです。
前フリがないと、後のシーンの嫉妬が唐突で不自然に感じられます。
しかし、イヤラシイ!

でも「安定ラブ」と「主ラブ」はラブの感じが違うんだね。

お風呂で相談

大倶利伽羅について、相談する燭台切光忠

作画について。
体の描き方がいいよね。
繊細なので、ここは女性が描いてるかな。男性には描けない感じ。
もちろん性格に合わせて、お風呂のポーズも違います。

洗濯物を干す

洗濯チームが、洗濯をしている。

キツネくんが喋る。
てっきり鳴狐の腹話術かと思っていたけど違うんだ。
いや、それとも遠隔腹話術?

生乾きの戦装束が着れないので、たくさん持ってる人に借りることに。
まあちょっと強引な流れだけどね。
そして「戦装束ギャグ」の開始(笑)

愛染国俊の愛染明王のTシャツを着る。
歌仙兼定がデブになるオチ。+ブチっとオチ。

石切丸の装束を着る。
薬研藤四郎の子供オチ。

燭台切光忠のスーツを着る。
イヤイヤ、なんでスーツ持っているんだよ!
どういう趣味なんだ。
そして、皆がホストになります。もちろん女性は好きです。

ちなみに、こういうギャグは3回ぐらいが限度。
あんまりやり過ぎるとダレます。
とにかく、くだらないギャグが大好きな『刀剣乱舞 花丸』です。

歌仙兼定~男性従業員、接客飲食店のからの、皆が繰り返そうとして、うまく言えない合わせセリフがイイ。リズムとタイミングもバラバラで、いい音になってる。

「おもてなし」をすることに

「おもてなし」について話をする。

って、前回のサングラスが!上手い!
フラワーロックから、サングラスへいって、ホストに持ってくるとは。
こういうアヤはストーリーを強くします。

大倶利伽羅をおもてなしを渋るみんな。
じゃあ、その服はおあずけだよガーン!
くだらなさがイイ。しかも「ガーン!」の声が無駄に凝ってる。
細かいとこをこだわっているよな。

そして、大倶利伽羅をおもてなしをすることに。
もちろんホストの格好をした以上、ホストをやります!
嫌な予感しかしないですね(笑)

大倶利伽羅のおもてなし大会

燭台切が大倶利伽羅をご案内。
とある本丸が怪しげなお店に変わります。

歌仙兼定の「花瓶」のおもてなし。
なんかどこかで聞いたことあるなぁ。
千利休の小話。

歌仙兼定の「」のおもてなし。
で、鶯丸が飲むと。
なんだコレ。

薬研藤四郎の「リンゴ」のおもてなし。
信長の小話。
皮をむいたら芯しかありません。
なんだコレ。

まさに大倶利伽羅に対する嫌がらせでしかありません(笑)
ある意味イジメです。

山姥切国広のおもてなし。
楽しい話題」をしゃべろうと考えていたが、浮かばず…
なぜ「楽しい話題」をチョイスしたのか。

鳴狐のキツネの「モフモフ」のおもてなし。
モフモフは好きだよね。

鶴丸国永の「」のおもてなし。
伊達政宗の小話。
曲になっていないのが、イイよね。
これがもし曲になっていたら出来過ぎていて、つまらなかったろうな。
不器用な感じが、おもてなしの心を感じられる。

燭台切光忠の「汁物」のおもてなし。
もちろん燭台切もスーツに着替えてきて登場です。
スッとキツネが離れるのがイイね。
そのままだったら、少しギャグ感が残るし。緊張の演出してる。
サツマイモとカボチャの野菜汁か。名前ある汁なのかな?
梅をつけるあたり細かい。梅の横の野菜もね。
占いの木みたいなのはなんだろ?山椒?
とにかく女性的な細かさでイイ。

俺にも飲ませてくれよの後の、皆を映すスローカットの間。
大倶利伽羅が悪くないとつぶやく。
間が大倶利伽羅の視点となり、心情を強く感じられる。

燭台切昔の話しでもしようかとゆっくりフェードアウト。
この後の楽しい話が繰り広げられたのだろうと想像できる。
この前に終わることもできたけど、それだとちゃんと交流できたか弱い。

ちなみに、おもてなし中に所々で「元主の小話」がはさまれ、より世界観の理解が進みます。

(Bパート)グレートな新人が顕現

すごいグレートなキャラクターなので、ドッカーンとやってきます。

で、さらにすごいので、天気もあっさり晴れに。
昭和のアニメみたいに天気が移り変わります(笑)

また、「天気」が新人のキャラクターを演出もしています。
雨ジトジトの暗い感じの大倶利伽羅。
スカッとお天気の三日月宗近。
そういう細かい演出もキャラクターを強めます。

ホスト場へ長谷部がやってきます。
いつの間にかいる酔っぱらいの次郎太刀
前回のアヤもちゃんと活かしてます。

長谷部に見られ、おこられる~とみんな。
今回は、ハモるセリフが多いですね。
何度か繰り返されると、話に強い繋がりを感じさせます。

新人さんを探す

新人さんを探すみんな。
グレートキャラクターなので、そう簡単には登場させません。
ひきつけてーひきつけてーやっと登場させます。
その方がキャラクターのインパクトが増しますからね。
ちなみに「探す」のは、後でからむ清光なども登場させる役目もあります。

で、天下五剣の1つ三日月宗近が登場。
後ろ姿からの、振り返り登場。
地味にババンと決めます。
おじいちゃんキャラなので、お茶しながら登場です。
さらりキャラクターを表しています。

三日月宗近をよく知らないけど、有名なキャラクターなのかな。
たしかゲームのキービジュアルのキャラクターとか?
CMでみた舞台でも、主人公っぽかったような。

安定おじいちゃんみたい
キャラクターをわかりやすく説明しているセリフといえる。
そこから視聴者は「ああ、おじいちゃんなんだ」と意識し、後を見るように。

皆がワイワイしてる時に、清光の顔をゆっくりカメラが離れる間。
主の気持ちが離れていくと考えている清光の気持ちが表現されている。

清光の嫉妬。
俺たち可愛がってもらえなくなるかも…
始めのほうの前フリがあるから、この嫉妬が自然に感じられます。

出陣命令

いきなりの出陣で、「大将」は三日月宗近です。
驚くみんな。
でも安定も、来てすぐ大将やってたよな…

獅子王30分後に出陣な
30分をしめす指のポーズがイイ。
指も綺麗にかいてるしね。丁寧だね。
あまり出番のないキャラは、少しだけの出番でも気合こめて描いてる感じするな。
むしろ出番がない分ね!
五虎退のシャボン玉と虎のカットとかもそう。

出陣のために集合。
あいかわらず出発前のシーンはやるんだね。

清光がぶつぶつと頭の中でセリフを言う。
五虎退が、なぜ選ばれたかを説明している。
無くてもいいのだけど、説明があるので説得力が増す。
後の方で、都合よく置かれたキャラみたく感じさせないためにね。

三日月宗近の戦衣装がバーンと。
模様がラフに描かれているのがイイね。
味があって。わざと整えて描かない。

で、長谷部が「お守り」をあげると。
ゲーム的なアイテムだよね?何なのだろう?
っていうか、安定の1話と同じくまたお守りをあげるシーンいるのかな?
設定的に、お守りには何か特別な意味があるのかな?
仲間のうち、1人だけお守りを持たせることができるとか。
なら三日月宗近を、さらに主にとって特別な感じにみせることができるか。

で、あいかわらず時空ワープ装置を操作すると。
清光いいよ、俺がやるよ
どこかで聞いたセリフ。
このシーンは、1話の安定の出陣と対比してるのかな。
安定には優しかったけど、三日月宗近には嫉妬まじえ、ぶっきら棒と。
後の「優しさ」にもつながっている対比といえる。

宇都宮城にてバトル

宇都宮城へ到着。

三日月宗近が、壁にはいつくばり入り口を探す。
おじいちゃんぶりが表現されている(笑)認知症か!

で、敵があっさり襲来。
三日月宗近を庇い、清光の「三段突き」!
前回のアヤをしっかり使ってます。

五虎退がピンチ。
さっそうと三日月宗近が庇う。
あいかわらず「ダメージシーン」はみせないんだね。
ダメージを食らったのだけど、そんな感じでない演出処理。
以前のバトルもそうだったけど、そういう形式で進めるのかな。

なぜダメージシーンを見せないのか?
普通のダメージシーンみせると、女子からクレームがくるのかも。
私の三日月宗近様を何傷つけてんのよ!この糞アニメーターが!」とか。それは怖いな(笑)
まあ、それは冗談だけど、ゲームの感じに合わせているのかな。
たしかダメージ受けると脱げる?システム、設定だから、それをアニメで表現したいから普通のダメージはないって感じかな。

アハハハハハハ
焦る清光に、余裕の三日月。対比。

そしてゴージャスに相手を切ります
だいぶ凝りすぎです。だいぶ目立ってます。
主人公の安定より目立ってます。今後食われちゃう?

三日月宗近の切りで、ダメダメなおじいちゃんの流れから、凄さをみせつけます。
もしバトルで始めから普通にそこそこ戦っていたら、三日月のインパクトが弱くなる。
ためて、ためて魅せるのが大事ですね。

バトルを終えて

屋根の上で愚痴る清光。
あーもうダメー。ハイ、お終いでーす。終了ー」みたいに諦めモード(笑)
1話の清光のセリフちょーしにのんなが懐かしいです。そこも被せてるのかな。

落ち込む清光に、現れる三日月。
わざわざ屋根まで上がってくるとは…実は清光の心を見抜いていた切れ者?

ED

もちろん三日月宗近のEDもゴージャスです(笑)

まとめ

今回は「新人さん」についての話かな。
安定をちょっと横に置いた感じの変化をつけた回。清光回ともいえる。

刀剣乱舞は、たくさんの新人さんが来る。その「新人」というものに焦点をあてたお話。
Aパートでは、皆と仲良くしようとしない孤立した、不人気の新人さん。
Bパートでは、皆にすごいモテまくりのスゴイ、人気者の新人さん。
その新人さんに対する「対比のドラマ」が描かれている。

もちろん、ただの対比でなくAとBで繋がりのある話となっている。
ラストの三日月宗近の優しいとは、相手をよくみること。相手をみるということは、強いということだ
Aパートの大倶利伽羅は距離をおいているし、皆も距離をおいている。
もし、そのまま距離をおいたままだと、相手をみないということと同じ。
相手をみようとしたから、「おもてなし」という行動に出た。
一見、フザケた「おもてなし」も、こんな意味があるとはね(笑)
ただのほのぼのした日常話ではないのが、『刀剣乱舞 花丸』の隠れた魅力ですかね。

今回のバトルは、始めの方の回よりちゃんとアクションがあるので、見ごたえはありましたね。
それでも短かめなのだけど。もしラストの方で、多めに普通にバトルしたらインパクト強そう。それも狙っているかな。

しかし三日月宗近の声はいいですね。
他のキャラにない声質で、締まります。

ほのぼのの中でも、あなどれない『刀剣乱舞 花丸』。
次回はどんなくだらないギャグが飛び出るのか(笑)
主人公は三日月宗近になってしまうのか(笑)
頑張れ!安定!

気になること、たくさんですね。
それでは、また次回。

出典:アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会/アニメ『刀剣乱舞-花丸-』(BS11 2016年10月31日放送)第5話

刀剣乱舞-花丸- 其の三(初回生産限定版) [Blu-ray]

刀剣乱舞-花丸- 其の三(初回生産限定版) [Blu-ray]

 

『刀剣乱舞 花丸』の関連記事はこちら
【感想分析】1話「睦月」2話「如月」3話「弥生」4話「卯月」5話「皐月」6話「水無月」7話「文月」8話「葉月」9話「長月」10話「神無月」11話「霜月」12話「師走」(最終回)総括
Amazon「刀剣乱舞」専用ページ(新着、キャラ別リンク)