読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」について研究してわかった役立つ情報を発信。また日常についても少々

【感想分析】アニメ『覆面系ノイズ』第3話を視る!

物語を作る上で、読み解く力「分析力」が必要となります。
作品を「作り手の視点」の感想を読むことで、作り手としての視点を鍛えるシリーズ。
今回は、アニメ『覆面系ノイズ』の第3話「どうしても、いますぐ」の感想分析をします。

ちなみに、原作の漫画は読んでいません。
※ネタバレあり

覆面系ノイズ Vol.2(初回仕様版)Blu-ray
「覆面系ノイズ Vol.2 Blu-ray」

『覆面系ノイズ』の基本情報
アニメ公式サイトはこちら

3話「どうしても、いますぐ」あらすじ

イノハリの歌は皆に届いているけれど、自分の歌はまだ届いていない…ニノは、自分の歌を好きな人に届けるために、深桜に発声指導を頼み込む。深桜との技術の差に落ち込むかに見えたが、ここから這い上がれば良いだけだ、と決意を新たにするニノ。二人の間に奇妙な友情が芽生える。その夜、家で見ていた音楽番組で、ニノはある文字を見つける。そこには、作曲:桐生 桃 と書かれていた…

「覆面系ノイズ」公式サイトより引用

感想

さて、今回は「ニノ具体的スタート」回。
3話も、だいぶ良い回でしたね。

ニノは、このまま歌うだけでいいのか?と思い、もっとたくさんの人に歌を届けることを考える。
浜辺で歌い続けるというファンタジーから、地に足をついた現実的な行動として、たくさんの人に歌を届けることを考え、そしてオーディション応募となります。
もし、お話がずっと浜辺で歌うようなファンタジー娘だと、どうしたものか?となりますよね(笑)大人への第一歩として、前に進む姿が描かれていて良かったです。

そして最後のクライマックスは、感動的でしたね。
ユズが歌おうとするが歌えず、ニノと共に歌う。そして思うユズ。
ユズの想いが強く表現されていて素敵でした。
こういう絵になるシーンって作れるようで、簡単に作れなかったりしますからね。
同じようなシーンでも、素人やアマチュアが作ると全然、絵にならなかったりしますし。
さすが!と思えるです。

また、ユズのキャラクターは、子供っぽくて独占欲がありそうで、少し危険な感じがありました。
しかし、ニノに対する「優しい思い」が、きちんと見えたので良かったですね。
ニノためを思い、避けてたし、歌えなくなったのは自分のせいだと思ってほしくないと。
漢です(笑)

それにしても、ユズはやはり「歌えない設定」でしたか。
しかし、普通に会話ができるので、歌える?と思ってましたが、やはり歌えないと。
そして、やはり人魚姫だったと(ニヤリ)。
ところで、実際そういう病気があるの?まあ、あっても無くてもいいけどさ(笑)

そんな感じで、今回も面白い回でした。

分析

それでは、技術的なポイントを視ていきます。

説明をする

アバンで、モモが一緒に住んでいる女性に、ニノについて語る。
見かけたが、話はしてない。今後、話すことはない。会ったら書けなくなるから。
モモが何を考えているかを、明確に説明されています。

こういう説明があることで、視聴者がどう見ればいいのかわかりやすくなります。
もちろん、書けなくなる理由は説明しないで、謎をちゃんと残しつつ。

視聴者にまったく説明しないで、全部が謎のまま進めることもできますが、あまりにもそのキャラクターの考えていることがわからないと、視聴者は混乱します。特に、少女マンガはそうなのかな。
ミステリーとかは、全部謎のままでもいいのだけど。

何を、どこで説明すべきかはセンスが問われますね。

ワンパターン

ミオウとの関係がワンパターンでなく、きちんと工夫をしています。

普通の三角関係の女性って、「邪魔な女!あんたなんか嫌い!」的な感じで、ただ物語が進むとワンパターンでつまらないですからね。だいぶ、見飽きるパターンですし、見てる方もそういうのが続くと嫌な感じになるし。

今回の話では、ニノの姿をみて、ミオウが見直し、良いライバル的な関係になっている。
お互いを認めあって、競い合う関係っていいですよね。

最近は、少女マンガは見てないけど、もしかしたらこういう関係が増えてるのかな?

この作品ならあの場面!

物語では、「この作品ならあの場面!」というシーンを作れるかどうか大事です。
作品を全て見終わった後に、「この作品の一番好きなシーンはどこですか?」と質問され、特にそんなシーンが思い浮かばなければ、その作品は成功していないです。駄作です。

たまたま自然にそういうシーンが生まれることもあるけど、作者がその場面を狙い、強く作り込んでいくことで生まれます。「今回は、このシーンを一番みせたい!」と。

今回でいうと、もちろんクライマックスのシーン。
感情の強いところで、絵になるようなシーンが展開されています。
絵になるようなシーン」ってのもポイントですね。
心に残るシーンというのは、絵にできますから。

そして、今回の匠の技といえば、セリフですかね。
ユズ「君が、僕のために歌ってくれた…はじめて…僕のために、だけに…
このセリフがあることで、このシーンの感動がグッと高まります。
セリフ自体もいいけど、最後の「だけに」がいい!
なんでかイイ。濁音言葉だから、涙言葉みたく聞こえるのかな。
結局は、セリフは音の流れですからね。

しかも、言わせるタイミングがイイ!
言わせようと思えば、ニノとユズが歌っている最中に、ユズの独白でいわせることもできました。
それは、それで成立するでしょう。

でも、二人が歌い、階段での事情説明、そして屋上へ行きこのセリフと。
歌ってから、セリフまでに「」があるので、歌った後の余韻を感じられます。
この余韻が、ユズ自身が感じている余韻にリンクしている。
(今まで欲しくて欲しくて欲しくてたまらなかったもの。それが、やっと………、といった余韻)
そして、屋上でのセリフがポンッと。
それによって、このシーンがより印象深くなってます。さすがです。

スタートするキャラクター

前回は、ニノが自分の物語をスタートさせました。

そして、今回はユズが、ニノに対する想いを再確認し、自分の秘密がバレ、スッキリとして前に進むことを決意する。
ユズが、自分の物語をスタートさせるキッカケの話となっています。
ついでに、ミオウもニノの真剣な姿をみて、思い直し、自分の物語をスタートさせました。
このように、今回はユズとミオウのスタートが表現されている。

物語は、主人公がスタートすれば進みますけど、他のキャラクターも同時に自分の物語がスタートしたりします。
作者によっては、そのへんが適当にすまされたり、まったく描かない人もいますが、『覆面系ノイズ』は明確に描かれていますね。しかも、今回は2人同時と。
なので、物語がわかりやすく、より深みを増して、強く進んでいます。

イノハリの存在

謎のバンド「イノハリ」の存在が、作品を面白くしている要素の一つですね。

学園内だけで物語が進むと、直線的にお話が進み、お話が単調になってきます。
しかし、イノハリの存在が直線に対して、横から攻めてくる感じになり、物語の面白さを生み出してます。
まだ謎な存在ですが、今後、お話に大きく絡んでくるのでしょうね。

あだ名

ミオウのことを追いかけたニノが、ミオウのことを「キノコさん」と呼ぶ。
(なんでキノコなんだろ?ヘアのせい?)
まあ、それはともかくとして、『覆面系ノイズ』では「あだ名」がよく出てきますね。
モモのユズに対する「マツゲ」とか。
(今回も、モモが「マツ」とか、さらに略したり)

そういうのが、作品にちょっとしたユーモアを生んでいますね。
真面目な話ばっかりでなく、ユーモアも大事ですし。
ちなみに、「アリス」という呼び名もそうなのかな。

気になる点

階段でバンド仲間の2人が会話しているところに出くわして、ニノにユズの秘密がバレるところ。

ここは、ちょっと唐突な感じで、不自然さがありました。
マンガの見せ方だと、多分それほど不自然じゃないと思うのですが、映像にすると不自然さがでた感じ。
2人が階段で会話している「前フリ」とかあると自然となったのだけど…

おわり

しかし、1話から3話にかけて、インパクトある話が続きますね。
ドカーン!ドカーン!ドカーン!です。
ここまで続けて、毎回インパクトある作品はなかなか無いです。
ヒットする作品って、そういう作品が多いですからね。
毎回、面白いと(それがなかなか難しい。笑)

そして、それぞれがスタートしていき、どうなるか期待大ですね。
ニノは歌うのを辞めてしますのか?ユズは、どんな行動にでるのか?

それでは、また次回。

『覆面系ノイズ』の関連記事はこちら
覆面系ノイズ 基本情報
【作品分析(全話)】1話「ぼくたちは、ほんとのこころを、かくしてる」2話「かみさま、アリスのこいが、えいえんにかないませんように」3話「どうしても、いますぐ」4話「ほんとのこころをかくしたぼくらは、こうしてあのひ、てをくんだんだ」
Amazon「覆面系ノイズ」グッズ情報

出典:福山リョウコ・白泉社/アニメ「覆面系ノイズ」製作委員会/アニメ『覆面系ノイズ』(BSフジ 2017年5月2日放送)第3話