S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」「漫画を描く」ことについて研究してわかった役立つ情報を発信

【体験談】『朝30秒の正座で腰痛が治る』で腰痛を自力で治す

仕事は、長時間座りっぱなしで作業をしている。

若い頃は、何時間でも座っていられたが、最近は数時間座っていると腰が痛んできます。
また、あまり運動・外出しないので、たまに長い距離を歩くと腰が痛くなる。

普段生活する上では、常に痛いわけじゃないです。
これは「腰痛」といえるものでないのかもしれないが、不快な状態になってきている。まだ小さい問題。
しかし、このまま同じような生活していると、明確に腰痛になる日がくると思いました。

そんなことを沸々と思っていて、何をキッカケにしたのか忘れたが「予防もかねて腰を鍛えよう!」と思い立つ。

腰痛について調査する

以前に、腱鞘炎になった時に自力で治した経験があります。

www.shitenchou.com

そこから、「ある程度の体の痛みは、医者にいかずに自力で治せる!」と考えるようになりました。根拠のないただの自論ですが。

そして、すごく簡単なストレッチで治したので、今回もそのような簡単なストレッチがないかなと考える。面倒なのは嫌だし。

そこで、ネットで腰痛について調査してみると、いかにも心ひかれる本をみつけました。
それが『朝30秒の正座で腰痛が治る』。

朝30秒だけでいい!なんか、楽そう!しかも、たいしたお金も時間かからない!
こういうのを待っていました。とても私好みの本。

しかし、検索しても体験レビューはあまりないので、効果があるのかないのかが怪しい…
まあ、でも物は試しと考えてやってみることにする。

30秒正座をやってみる

そして、さっそく本を購入し、30秒正座を試してみる。

やり方は、すごく簡単。30秒正座するだけです。
もちろん、普通の正座と違う点があります。
かかとをくっつけて、正座をするという点。

やり方は、こんな感じ。

  1. 「L」のように、ひざ立ちになる(左右のひざ頭、ふくろはぎをつける)
  2. カカトをくっつけ、両親指の間は1cmぐらいあける
  3. くっつけたカカトに、お尻のくぼみがスポッとはめる感じで座る
  4. そして、30秒その状態をキープ。おしまい

やり方自体は、とてもシンプル。

この正座を始めてやった時は、痛いし、30秒も無理!
かかとは、くっつけたままを保てないし、それで座ると痛い。
5秒くらいしかできなかったです。
なので、クッションをはさみつつ、とにかく30秒やってみる。
(本では、できない人は最初はクッションをつかったり、お風呂でやることをすすめています)

そして、30秒終わり、立ちあがると何ともいえない感覚をかんじました。
何かが体に起こった。なにかこう、スッとしたような、整えられたような。
なので、「これは効くかも!」と思いました。

正座を続けてみて、どうなったのか

そして、正座を毎日続けてみました。

毎日、朝にラジオ体操的なストレッチをしていたので、追加で正座するのは苦でもなかったです。
本当は起きて朝一番に正座をやると、より効果があるみたいですが、私はいつもやってるストレッチに組み込みました。

始めはクッションを使ったり、とりあえず短い時間でもいいから何も使わないで正座をしたりした。
そんなこんなで、そのうち痛みもなく正座できるようになりました。

とはいっても、正座で治るという話を、それほど信じていたわけじゃないです。
まあ、半信半疑だったし、治ればラッキーという感じでした。
そのせいか、毎日ストレッチのついでに正座はするけど、腰痛の予防がどうのこうのという話はすっかり忘れていきました。
まあ、忙しかったし、そもそもスゴイ腰痛で苦しんでいたわけでもなかったので。

そして時がたち、ふと思い出しました。
ああ、そういえば腰痛を治すために正座してたんだっけ」と。
始めてから3ヶ月後あたりで(笑)

そして、今さらながら効果を振り返ってみました。

そういえば長時間座っていても、それほど苦にはならなくなっているような気がします。さすがに、あまり長く座ってるとお尻は痛くなりますが。

また、以前は部屋の掃除すると、掃除の後はいつも腰が痛くなっていました。何度も腰をかがめる動作をするので。しかし、最近は掃除をしても、そういうことが無いことに気づきました。

さらに、外出で長い距離を歩くと腰にきてましたが、それもあまり無くなりました。運動不足なので疲れたり、足は痛くなりますが。

なので、少しは効果はあったと思います。

『朝30秒の正座で腰痛が治る』とは

著者は、約30万人を施術してきた聖和整骨院院長の金聖一氏。
本人も事故の後遺症による腰痛で苦しんだ体験をしており、いろんな資料を調べたり、自分でいろいろ試したりで、正座による腰痛改善方法を発見する。
多数のメディアにとりあげられ、「正座の金さん」と親しまれている。

目次

1章 腰痛治療で病院に行ってはいけない
2章 腰痛の原因は、腰以外の場所にある
3章 腰痛を引き起こす3つの原因
4章 「朝30秒の正座」の正しいやり方
5章 なぜ「朝30秒の正座」が腰痛を治すのか
6章 「朝30秒の正座」で腰痛が治った!喜びの声
7章 正座であなたの体が変わる!
付録 「つらい」「痛い」ときに効果のある体操

本の内容

正座のやり方はシンプルなので、「やり方」自体にそれほど多くのページをさいているわけじゃないです。基本的には、やり方は1つで、後はできない人への対応策がいくつか書かれているだけ。

なので、やり方だけ知りたい人は、本を読む必要はないかと思いますが、腰痛をかかえている人にはタメになる情報がかかれています。

まず、腰痛治療についての「勘違い」について書かれています。
湿布薬や、マッサージ、コルセットは治すためのものでないようです。
そして、病院で完治することは難しいと書いています。
理由として結局のところ、これといった決定打となるような治療方法はないとのことなので。

そして、腰痛がおきる原因。
著者の考えでは3つの原因から腰痛がおきると考えています。
それは、「背骨のゆがみ」「足の使い方」「血流の悪さ」。
簡単にいうと、体のバランスが崩れることと、加齢による血管の廊下が腰痛の原因。
それが、正座によって、その原因をとりのぞけるという仕組みです。

そして、いろんなケースで治療してきた体験談が書かれています。

  • 昔に椎間板ヘルニアの手術で治り、だいぶたってから転倒した際に腰痛が再発し、再手術できないと言われた人
  • 趣味のテニスをすごいやりたいのだけど、腰痛をわずらってしまった人
  • ぎっくり腰を繰り返す人
  • 日ごろデスクワーク中心で、外回りでは重いものをもって歩く人
  • ひざを痛めたことをキッカケで腰痛になった人
  • 一日中立ち仕事をしている人

あとは付録として、腰やそれ以外の部分の「つらい」「痛い」ときに効果のある体操が掲載されています。

  • 朝起きて腰の痛みを感じたときに
  • 足がつってしまったときに
  • 肩こり、頭痛がつらいときに
  • 立ち上がった際に腰やひざが痛いときに
  • 正座で足がしびれたときに

このような内容となっていますので、腰痛に興味がある人は読んでみてはどうでしょうか。

おわり

こういう治療法が本当に効果があるのかは、ちょっとわからないところですよね。
根拠が本当に正しいのかどうなのか、素人にはわからなかったりしますし、お医者さんによって意見が分かれたりしますし。

しかし、この治療法は正座するだけという、とても簡単ですし、大きなリスクやお金がかかるような方法でもないですので、試す価値はあるのではないでしょうか。
ある程度の期間やってみて、ダメならダメと判断して。

あと、この正座は「猫背の改善」「ひざ痛にも効果あり」「むくみが消える」「高齢者の筋力アップ」「O脚が治る」「疲れにくくなる」「エコノミー症候群予防」「尿モレ」「胃腸の働きUP」「ストレス解消」「肥満防止」などにも効果があると本に書かれています。
個人的には、そこまで効果があったかは疑問ですが(笑)

ちなみに、YouTubeでも整体師による「正座ストレッチ」についての動画がいくつかありますね。
著者とは関係ない整体師の方で、この本とは少し違ったやり方だったりしますが。
やはり正座には、それなりの効果があるのかもしれません。

朝に30秒の時間がとれる方は、正座を試してみてはどうでしょうか。

ちなみに、著者はMOGUとコラボして「金先生の正座ストレッチクッション」なるものを出しているようですね。正座しやすいのかな?

出典:金聖一『朝30秒の正座で腰痛が治る』(ダイヤモンド社、2013年)