S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」について研究してわかった役立つ情報を発信。また日常についても少々

【感想分析】アニメ『レガリア』 第9話「継承」を視る!

物語を作る上で、読み解く力「分析力」が必要となります。
作品を「創り手の視点」の感想を読むことで、創り手としての視点を鍛えるシリーズ。
今回は、アニメ『レガリア The Three Sacred Stars』の第9話「継承」の感想分析をします。
※ネタバレあり

【Amazon.co.jp限定】レガリア The Three Sacred Stars 5(全巻購入特典:「QP:flapper描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
『レガリア The Three Sacred Stars』blu-ray 5巻

他のレガリア関連の記事はこちら
アニメ公式サイトはこちら

9話「継承」のあらすじ

アレクト、ティシス、メガエラの3体の力でヨハンを撃退したユイ達は、イングリッドとケイをエナストリアに迎え入れる。戸惑うイングリッドだったが、ケイに促されてひとときの団欒を過ごす。イングリッドはユイに、ユイの母との思い出やアーベルのことを語る。そしてユイの母からの手紙がたった一つの心の支えだったことを。

レガリア公式サイトより引用

9話の構成

  1. アーベル氏の墓参り
  2. イングリットの処遇を考える
  3. みんなでパーティー
  4. 2人で語り合うユイとイングリット
  5. 突然の襲撃

感想分析

最後の戦いに向けての、最後の休憩の回。
どんなマッタリな展開が繰り広げられるのか?
さて、視ていきましょう。

(アバン)アーベル氏の墓参り

アーベル氏の墓参りをするイングリットとケイ。

前回までの「緊張」が終わり、シメとしてはよいシーンではないでしょうか。
唐突に緊張が終わるのでなく、ゆっくりと緊張を終えるという意味で。
」というのも、そういうシンボル的な意味もあるし。
GOOD!

そして、マーシャル将軍とアーベル氏の熱い男の友情について語られます。
側近たちが空気になりつつある中、マーシャル将軍だけはなんとか保っています。
というか、こういう心情のやりとりがヒロイン達同士であまりないな…

(Aパート)家を案内する

レナがイングリットとケイを、自分たちの家を案内します。
というか、ここは城の中の一部だったんだ。

可愛い服を断るイングリット。
ケイのイングリット、そこに座って!というのがイイ。
普通に説得するより、キャラクターが表れている。
ケイは戦いの時みたく、ちょっとSっぽいのかな。
「座りなさい、この豚野郎!」とか聞こえる人は、お医者さんへ(笑)
GOOD!

会議

あいかわらず会議の好きなレガリア。
現実世界のように、実のない会議が好きです(笑)

ユイイングリットさんは、12年間戦い続けてきた。それは事実だと思います
でも、あんまり戦った感じがしないんだよな…
まあ嫌味なヨハンくんと、ずっと一緒にいたというのはストレスだけど。
退職した夫が常に家にいて、妻がずっと苦しみに耐えてるみたいな(笑)

マーシャル将軍彼女は、いかなる裁きも受けると言っています
でも、そもそもエナストリア王国は、そんな被害をこうむっていなんだけどね。
橋が壊されたぐらい?イヤ、それは壊したのはティアとサラだし…
ああ一話の戦いで、ちょっとコンテナとか吹っ飛ばされた被害があったか。それだけ…

で、イングリットの処遇はゆるゆると。
まあ、平和な国ですから。

喫茶店

強制労働させられるティアとサラ。

平和な「日常」になったことを説明するシーンにもなっています。
しかし単調なので、もう少し工夫が欲しいところ。
ブーブーいう2人に対しレツが、少し真面目になり「聞いたよ。ユイ達を守ってくれたんでしょ。ありがとう」と抱きしめ、「でもそれはそれ、これはこれ」と言った感じだけでもいい。
ちょっとした緊張があるだけでも違う。

ファッションショー

イングリットが鏡の前で、ファッションショーをします。

イングリットの「女の子らしい」ところが垣間見えるシーンに。
「ニコッ」として、ダンスが可愛いですね。
さらにバレ、羞恥にもだえるのがイイ。ベタだけどイイ。
GOOD!

しかし服が少し地味だな。もっとコテコテに可愛い服にしてほしかった。
ケイみたくフリルがたくさんとか。
また、もう少し長めで踊ってもよかった。リムガルドダンスとか。
また、適当な歌でも歌えばよかった。自作の歌とか。
また、空想モードに入り、花を散らしてもよかった。いや、妄想でケイとダンスかな。
そんな、ちょっとギャグっぽい感じでも、イイ感じになる。
リムガルドダンスとか、『ガールズ&パンツァー』の「あんこう踊り」のようになるかも(笑)

それを見てる、みんな。
特にユイの顔がだいぶほころんでいる。今までにない顔でイイ。
GOOD!

レナいいセンスだと思う
?いいセンス?これってレナが選んだものだよね?変なセリフ。

レツは勝ち組

レツが可愛いケイと、イングリットに悶える。

レツの欲望がむきだしに。
レツは視聴者の代弁者キャラクターなのだろうな。変わりに言ってくれる。
大事なキャラクターです。
GOOD!

イングリットいいお友達ね
そうなのか?

パーティー

乾杯してパーティーが始まる。
というか、パーティー多いよね。

あいかわらず食事の時に、食事を映すシーンに気合を入れてる。
じっくりと映す。
しかし、よく見ると肉多めじゃないか?男のパーティーかよ!
「女の子」なんだから気をつかおうよ。
GOOD!

みんなでパーティーを楽しむカットが流れる。
しかしよく見ると、ほぼ全部のカットのレツが怪しい(笑)
GOOD!GOOD!

それを見守るユイの顔のカット。顔の作画が歪んでる。

(Bパート)城の階段でお話

イングリットとユイが、しみじみお話をする。
あいかわらずこの場所は夕日です。

イングリットが、ユイの母の即位式典で抜け出した話をする。
そういう失敗話は、イングリットの新しい顔がみえるのでイイ!
GOOD!

回想、階段に座り込む昔のイングリット。
そういえばイングリットって何歳なんだろう…
この頃の姿は、17歳くらいかな。で、12年たっているから29歳くらい?
29歳か…イヤイヤ、でも不老不死だから永遠の17歳か!

で、ユイ母と幼ないユイが登場。
幼ないユイが可愛い。
GOOD!
ちなみにお母さんの正装は、ユイと違うんだね。

で、コッソリ2人をのぞくみんな。
ケイが怖い顔で見る。嫉妬!?
GOOD!
レナが正装しているのだけど、なぜ?不自然なとこ。

イングリットとユイ母の会話。
横の幼いユイの動きが可愛い!口を「3」にする表情がイイ!
幼いユイが可愛いせいで、2人の話が入ってこない(笑)
GOOD!GOOD!
これでもいいのだけど、もっと動きに気合いを込めれたのではないかと厳しいことを言いたい。
アニメ史に残る動きを!
ストーリーは心に残らなくても、1シーンが十年先も心に残ることもあるしね。

しかし、「現実」と「回想」が細かく飛び飛びになるので見づらい。
うまく構成されてないな。

幼ないユイユイも一緒!
言い方が幼なくないな。もう少し舌足らずな感じにしてほしかった。

そして話も終盤にさしかかり、見つめ合うイングリットとユイ。
抱き合う2人。告白するイングリット。
イングリット×ユイが成立!ユイは「×」がたくさんいるな。
GOOD!GOOD!

そして、2人を食事に呼ぶレツ。
イングリットいきましょ。お友達を焼かせてしまったわ
緊張から緩和へのセリフ。

しかし、この一連のシーンは説明的で長く感じるな。一気に説明って感じ。
回想の使い方もそうだけど、構成がよくない。
回想をある程度まとめて見せた方がいいし。
あと、途中のアーベル氏や契約の話は余計で、母親の話に絞った方がいいかな。
そのへんの説明は、墓参りの時にユイとレナも一緒にいて、説明しとくとかね。

ヨハンくんの登場

楽しそうだなー。僕も混ぜてよとヨハンくん。
なんだってー?ヨハンくんが生きていただと!
まあ、そうなるよね。他に敵いないし。

銃をとりだし、ヨハンを撃つイングリット。
というか、イングリットはまだ銃を携帯しているの!
捕虜の身でそれはないだろ!エナストリア王国の警備はゆるゆるです。
ちなみに、撃たれたヨハンの撃たれ方が少しおかしい。

増殖するヨハンくん。
気味が悪く、不安が盛り上がる。もし1人だったら、弱い。
しかし、ヨハンくん好きにはたまらないのかな。
GOOD!

そして、敵のレガリア3体が登場。
なぜか駆け出すみんな。なんか意味あるのコレ?

ティアわあ、おっきい
毎回そのセリフいってます。
GOOD!
ちなみにレツは、いつの間にかいなくなってます。
「レッちゃんは、避難して!」とか言ってほしい。

みんな変身!

ティシスに乗るサラとティアに、ささやく声が聞こえる。
サラ姉様…
あれ?お姉ちゃん設定が生きてたんだ。
復活放送前の特番で、「お姉ちゃんと家族をずっと探して旅している」設定が説明されていたけど、途中で「レナとケイを探して旅してる」設定に変わったから、その設定なくなったと思ってたわ。
でもそういう設定は、「前フリ」で説明してないと唐突に感じられて、都合よく付け加えられたストーリーになってよくないな。
あと、ティアとサラが「姉妹」だと理解してない人って多いんじゃない。
アニメ中には全然説明されてないし。

ぶっ倒れるユイ。
これは酷いな…
唐突にユイが倒れるので、不自然なシーンとなっている。
先のように、こういうのも「前フリ」でちゃんと説明しないと自然にならない。
今回の話の途中で、「立ちくらみのようにクラっとするシーン」を挟むとかだけでいいのに。
また、倒れるシーンが省略されているのが、さらに酷い。
レナが倒れるユイのショッキングな姿を見て、レナの感情を強く出す場面なのに、それがまったくない。後のレナの涙が弱くなる。
大事なクライマックスシーンなのに、変なマギレがあって勢いが弱まっている。
他のシーンはどうでもいいとはいわないが、見せ場くらいはきっちりやってほしい。

敵の3体がUFOを呼ぶみたいに手をかかげ、吸い込まれる2体とレナ。
ヨハンくんの軽妙なトークが素敵です。
GOOD!
ちなみにレナが正装してたのは、このせいでした。
多分後々に、ユイと再びあって戦う時に、ユイもいつもの正装して、同じ正装同士にしたかったんだろうな。無理やりだな…

穴に吸い込まれながら、叫ぶレナ。
涙の落ち方がイイ。
GOOD!
個人的には、もっとダサく激しくジタバタしてほしかったかな。
また、喉をからす感じに叫んでほしかったかな。

ユイがベットから起きる。
今までの話は全部、夢でした。レガリアなんていません。夢オチ。
来週からは、学園生活編が始まります!
じゃないですよね(笑)

ED

厚着をしてたイングリットとケイのカットが、新たなカットに変更されている。
薄着で、色っぽいイングリットとケイに!
QP:flapper氏の絵はいいよね。
冬から夏へみたいな感じで、心境の変化も表れてイイ。
GOOD!

まとめ

あいかわらず細かい問題は多々ありますが、普通に流れとしては悪くないと思います。

ヨハンくんが生きていたのは視聴者の予想どおりですが、次回はどんなことが起こるか予想できないですね。みんなが拐われて、ユイは一人ぼっちに。いったいどうなることやら。
というか話の中で、ぜんぜん解説がなされていないので、何が起きてもおかしくないというのが本当のところですけど。

話は、イングリット視点の話が中心だったけど、ケイ視点の話も欲しかったかな。
ケイが復活して、レナやティアやサラとの会話でケイのキャラクターを表現してほしかった。
彼女らの間では、どういう会話がなされるのかも興味あるところだし。

今回の話で大きな問題というと、ユイが唐突にぶっ倒れたところですかね。
あまりに唐突すぎるのと、省略した表現で、少しシラけてしまいました。
大事なシーンなので、もっと丁寧に作ってほしいです。

しかし、結局前回で「リムガルドフォールの説明」は終わりかな。
なんとも説明しなさすぎ。疑問点多すぎ。ユイの国民への説明の時もそうだけど。
説明しないで、無理やりストーリーを進めてるところがありますね。やれやれです。

ちなみに、最後にユイがベットから起きて終わりましたが、恐ろしい展開を思いついてしまいました。
実は、あれから2000年たってるのでは?
ヨハンに襲われた次の日。ユイが目を覚めたら、ケイはいなかった。そして国の人も誰もいなかった。一人ぼっちに。そんな中、2000年生きてきたユイ。レナを探し続け、2000年もレナを思い続ける。そして…
多分そんな超展開になると思います。手塚治虫の『火の鳥』か!(笑)

または、「絶望」的なことが起らないか心配ですね。
リアル体験ゲームとかするんじゃあ…ヨハンくんがゲームとかいってたし…
ユイは椅子とか座らないよね?(感想分析8話の「まとめ」を参照)

まあ、そんな超展開を個人的には期待しつつ、次回を待ちましょう。
それでは、また。

出典:Regalia Project/TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」(GAYO! 2016年10月27日配信)9話

他のレガリア関連の記事もあわせてどうぞ
【分析】リアリティの弱さ「謎」の弱さ
【分析】「放送版」と「復活放送版」の比較 1話2話3話4話
【感想分析】復活放送前夜祭5話「反撃」6話「神機」7話「過去」8話「帰還」9話「継承」10話「孤立」11話「牢獄」12話「奪還」13話「家族」(最終回)全話「総括」おまけ「レガリアの真実」