S.T.Cの制作探求クラブ

創作の探求ブログ。主に「絵を描く」「物語を作る」について研究してわかった役立つ情報を発信。また日常についても少々

【感想分析】アニメ『BanG Dream!(バンドリ)』 第2話を視る!

物語を作る上で、読み解く力「分析力」が必要となります。
作品を「作り手の視点」の感想を読むことで、作り手としての視点を鍛えるシリーズ。
今回は、アニメ『BanG Dream!(バンドリ)』の第2話「やっちゃった!」の感想分析をします。

原作などは読んでおらず。また、アニメ『ラブライブ』との比較分析を、軽く入れたりと。
※ネタバレあり

BanG Dream! 〔バンドリ! 〕 Vol.1 (イベント最速先行販売申込券付) [Blu-ray]
「BanG Dream! (バンドリ! ) Vol.1」

『BanG Dream!(バンドリ)』の基本情報
アニメ公式サイトはこちら

2話「やっちゃった!」のあらすじ

ライブハウスSPACEで初めて観たライブによって、自分のやりたいことがバンドだと確信した香澄は、質屋「流星堂」の娘・有咲をバンドに誘う。しかし、学年一の秀才でありながら、学校もサボりがちなインドア派の有咲の態度はそっけない。さらに香澄は流星堂の蔵で一目惚れした星形のギター「ランダムスター」が気になって仕方がなく有咲につきまとうが、有咲はそのギターをネットオークションに出品してしまっていた…。

BanG Dream!(バンドリ)公式サイトより引用

感想

さて、今回は「市ヶ谷有咲とギターのゲット回」。

あいかわらず前回に続き、ウザさ満点の香澄でした(笑)
まだ知り合いでもない牛込りみに、ほっぺうにゅーんとか馴れ馴れしさ満点!
そして今回の一番は「ストーカー」的な一面をみせ、ウザさがパワーアップしました。
ギター欲しさのために、有咲につきまとうのは一種のホラーでしたね。

そしてツンデレ市ヶ谷有咲。
普段はツンツンしても、しつこくされると弱いです。心を許します。
本当は、HPがそれほどありません。
なので有咲は友達ほしさにギターを無料であげてしまいます。
いやいや、それ30万円以上するんでしょ!
っていうか、それ質屋の商品じゃないの?
でも、友達が欲しいんです。

なんとも怖い話です…

いえいえ、これは愛と友情と青春の物語です。そんなはずはありません。
香澄は有咲のために行動し、有咲は香澄のギターにかける想いをくみとったからギターを授けただけなのです。
そこを見間違ってはいけません。

青春ばんざーい!

分析

それでは、技術的なポイントを視ていきましょう。

やはりウザい香澄のキャラクター

前回に比べ多少はウザさ感は減るのかな?と思っていましたが、バリバリ全開でしたね。
今回も行動やセリフで、ウザさ感のあるところが多かったので、そうなってしまいました。
牛込りみへのほっぺうにゅーんは、ちょっとヒキました。

なんでしょうかね、この「積極的」と「ウザさ感」の違いは。
香澄の気持ちがみえない、みえにくいせいもあるかな。
そういうシーンが少ないのかな。
もっと自分がどうしたいとか、何を考えているとか、信念めいたものとか。
そういうのをフワッとした言葉で片付けてるし。

ライブライブでいうと、主人公・穂乃果はよく自分の気持ちを言葉にするシーンはけっこうありましたからね。それはもうミュージカルぐらいに語ってました(笑)

市ヶ谷有咲のキャラクター

ツンデレの市ヶ谷有咲でした。
ツンツンしつつも、悪い子ではありません。

おばあちゃんの卵焼きはパクリしますし、しつこい香澄にも邪険にしません。
香澄の想いを感じとり、ギターを授けますし。
最後は、恥ずかしそうにお昼を一緒に食べることを約束します。
そのような感じで、キャラクターは表現されていました。

しかし、ちょっとフワっと曖昧なところもありましたね。
実際に彼女は「友達ほしいのか、ほしくないのか」がわかりにくかったです。
本当は友達が欲しいなら、そういうシーンがほしかったかな。
彼女の過去が少し語られるとか、有咲が何かを思うシーンとかあったらよかった。
同級生が有咲について香澄につげるシーンとか、おばあちゃんに対して「友達なんていらない!」とかいうとか。

山吹沙綾も忘れていません

山吹沙綾を忘れずに、チラチラシーンがあったのはよかったですね。
パン屋でのシーンも、単調にしないで今回は「兄弟が登場」と工夫してます。
香澄に抱きつく弟君はいいですね(笑)

牛込りみをアッサリ仲間にゲット!

牛込りみは、アッサリ仲間になりました。

ここはアレ?って思いました。そんな簡単でいいの?
まあ、ラストはひっくり返して、やらない!と言ってましたが、うーん。
なんらかの事情はあるにすれ、アッサリ仲間になったのでストーリーが少し軽くなりましたね。

香澄は、何のために有咲のところへ通うのか

有咲のところへ行くのは、単純に「ギター狙い」という感じがしました。

そこが違和感を感じてしまう点であり、香澄のキャラクターもマイナスに。
有咲目的」と言って、そういう狙いは消しているようだけど説得力が薄い。
もっと有咲について思うシーンがあるとよいのだけど、そういうシーンがなかった。
例えば、妹・明日香を使って、有咲について自分の考えてることを語るとかあったらね。
そういえば、人気の妹さんは今回出てなかったっけ?

また「バンドがやりたいのか、ギターがほしいのか」曖昧さを感じるシーンでもあります。
香澄が、バンドをするためにどうしたいのかが漠然です。

ちなみに、牛込りみがほったらかしになったのが気になりましたね。
何日も通ったという長い時間を感じさせるシーンなので、仲間になったばかりの牛込りみに対し、ほったらかし感が出てしまいました。
それなら、まだ仲間にしなくてもよかったのでは?と思うところですね。

★シールの理由

有咲が自分がはったことを、告白するのはよかったですね。
香澄に少し心を許した表現でもあるし、有咲のキャラクターが強く表現されるシーンでもある。

しかし、貼った理由としては弱かった。
ピアノで1曲ひけるごとにもらったのはいいけど、だからなぜ道路に貼ったのかが説明になっていない。
また、もっと有咲の気持ちを強く表現するべきところだった。

回想シーンになり、なんらかの理由で道路に貼るアイデアを思いつき、幼女がキャッキャウフフしながら貼っていくシーンとか。
または両親にいわくあるなら、両親に褒められる回想シーンとか。
で、有咲が感傷にふける間があったりとかね。

30万円のギターを無料でもらう

ギターを無料(540円だけど)でゲットします!
30万円を無料でもらうのは、ちょっと考えものですね。
金額が金額だけに生々しく、すんなり受け入れられないものです。

どうせなら、金額はわからない状態であげた方がよかったですね。
後で有咲がこっそりネットで調べ金額をしり、ウゲ!とビックリし、フーとため息ついて、「まあいっか」的な発言のシーンとか。

また、アリサが「友達欲しいために、タダであげた」とも見える危険もあります。
うがった見方ですが、そういう悪い面も感じさせるので不味い。

サプライズ

ラストの倉の地下室は、サプライズ感があってよかったですね。

一体何の地下室なのか、理由はさっぱり語られませんが。
親の演奏部屋?後で語られるのかな?
とにかくサプライズは大事です。

構成

今回は、なんだかんだ力技(強引)でギターをゲットという感じのお話になってますね。
力技で通いつめゲット!
前回も力技的にライブハウスいきましたし、力技が続いてます。
力技は、ギャグ的には面白いですが、ストーリーとしてはちょっと…

ラブライブですと、もっと感傷的なシーンまんさいなんですけどね。
まあラブライブでも、感想的に強引なシーンはありましたけど(笑)

まとめ

今回も気になるところがチラチラでしたね。
悪いわけじゃないけど、今一歩な感じ。もったいない感じ。

主人公もあいかわらずでしたし、そのウザさ感がウリになったりするのかな?
そのウザさ感は、好きな人は好き?
まあ最後までそれは貫いたら、それはそれで見ものだけど(笑)

それでは、また次回。

BanG Dream! バンドリ

BanG Dream! バンドリ

  • 作者: 中村航,ひと和
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)

コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)

 

『BanG Dream!(バンドリ)』の関連記事はこちら
バンドリ基本情報
【作品分析(全話)】
1話「出会っちゃった!」2話「やっちゃった!」3話「逃げちゃった!」4話「怒っちゃった!」5話「ドキドキしちゃった!」6話「作っちゃった!」7話「ケンカしちゃった!」8話「走っちゃった!」特BanG!「3rd LIVE」9話「バイトしちゃった!」10話「驚いちゃった!」11話「歌えなくなっちゃった!」12話「キラキラしちゃった!?」第13話「歌っちゃった!」(最終回)総括
【作品分析(1テーマ)】
バンドリのアニメ版(1話)と漫画版の比較バンドリのアニメ版(2話)と漫画版の比較
バンドリのアニメ版と小説版の比較
バンドリの放送版(3話)とパッケージリテイク版の比較
Amazon「BanG Dream!(バンドリ)」グッズ情報

バンドリのアニメ版と漫画版を比較!
同じストーリーでもこんなに違うなんて…君はバンドリの真実を視る!
【分析】『BanG Dream!(バンドリ)』アニメ版(1話)と漫画版の比較
【分析】『BanG Dream!(バンドリ)』アニメ版(2話)と漫画版の比較

出典:BanG Dream! Project/アニメ『BanG Dream!(バンドリ)』(BS11 2017年1月31日放送)第2話